2014年3月11日火曜日







今、困ってるの

人生は迷路 恋はなぞなぞ

どうしよう 一人ではムリ

やってはみたけど

わたしは 戸惑う女の子

怖いけど 澄まし顔

答えがみえない

それって落ち込む



でも そんなの忘れよう そして楽しもう



ゆっくり 止まって

心臓がはじけそう

だってムリ これ以上

違う人のフリなんて

愛の枯れた おバカさん

まだ迷ってる




Money Ball
『The Show』



















2014年2月28日金曜日




elePHANTMoon『成れの果て』

全公演を大きな怪我もなく無事終わらせることができました。

ご来場戴いた皆様、本当に本当にありがとうございました!!


今回は本当に大盛況で
立ち見が出るほどの超満員だったのが
少なからず何回かエレファントさんに関わらせて頂いている身としては
本当に感慨深くなりました。


この場を借りてお礼申し上げます。


色々考えるんですが、
舞台(芝居)に限らず、人と人が交わるということは
やっぱり助け合いだと痛感、いや、それしかないとさえ思っています。
良い俳優というのはそういう人の事だと勝手に思ってますし。
いつかの現場の大先輩は常にそうだった事を
ボクは一緒に体験させてもらった。

あとは今回稽古の早い段階で、自分の格好悪いところを
皆に見てもらえたのはものすごく良かったかなと。
(まあそっからずっと格好悪かったですけど、、、)

でも本当にキャストの皆も喰らいついて頑張っていたよ。
本当にいい座組でした。


みなさんにありがとうでいっぱいです。



さて、お次ぎはサッソクというelePHANTMoon所属、江原大介主宰の
演劇地下組織に出演致します。
作・演出は国分寺大人倶楽部の河西裕介氏

キャストもものすごく魅力的な布陣なので
こちらも宜しくお願い致します。



『成れの果て』集合写真























































エバちゃん(後列右)ホント勘弁してくれっ!!







2014年2月2日日曜日



またまたご無沙汰の更新です。

気がついたら年もあけておりましたね。


遅ればせながら明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。



そうです、ロッテルダム国際映画祭のコンペティション部門に
出品していた『山守クリップ工場の辺り』ですが
当映画祭のタイガーアワード(グランプリ)を受賞したとの事です。

イヤーなんか凄すぎてもうなんかよくわからないのですが、
池田さん、本当におめでとうございます!

http://pff.jp/jp/news/2014/02/post-133.html
(ぴあフィルムフェスティバルさんが記事を書いてくれております。)

バンクーバーに続いての快挙とのことですが
白人圏のとこが評判いいのかしら?

これでまた色々な国からお声かけて頂ければと思います。



そしてそして、elePHANTMoonの稽古もがんがんやっておりますよ!

今回の『成れの果て』の特設サイトもありますので
是非御覧くださいませませーー

成れの果て 特設サイト



最近、言葉が旨く吐けない気がしております。








2013年12月19日木曜日



ご無沙汰の更新です。


やっぱりなんだかんだで寒くなってきましたが、
お変わりないでしょうか?



さて、右の方にも告知させていただいておりますが、
来年の2月に舞台やります。


参加させて戴くトコロはおなじみのエレファントムーンさんです。

「成れの果て」は、今回再演ものとなっておりますが、
エレファントムーンの代表作&真骨頂と言っても良い作品です。
こればっかりは是非皆様に御覧になっていただきたい!

出演者もエレファント初参加の方々がいっぱいなので
今回5回目の参加の自分も諸々楽しみでございます。


また随時色々と情報を記載させていただきますね。

elePHANTMoon ホームページ



あと、ぴあフィルムフェスティバルの神戸会場に伺わせて頂く事になりました。

出演した「山守クリップ工場の辺り」は

12月22日(日)10:20〜

と少し早い時間になっておりますが、
是非ともあの池田暁節を堪能しにいらして頂けたらと思います。

宜しくお願い致します。



そして、山守ですが、
韓国のソウル国際映画祭を回り、
今度はロッテルダムのコンペティションに参加だそうです。
こちらも諸々楽しみです。














2013年11月14日木曜日


釜山のおもひで ~3~





































左から、私、池田監督、安さん、西山さん


















山守クリップを上映したスクリーン


















質疑応答に応える池田監督


















役者陣も登壇して質疑応答させていただきました


































メイン会場(内)























































路地


















































初めての海外の映画祭にもかかわらず
なかなか慣れない好待遇もあったりしましたが、
基本は旅行の延長線の気分で
ゆっくりと味わう事が出来たように思います。

お客さんの反応はやっぱり日本とは違う部分もありますが、
(字幕ゆえのセリフのニュアンスなど)
笑える映画なので、そこの軸はちゃんと捕まえられていたので一安心でした。


釜山、バンクーバー共にぴあに出品されてから1~2ヶ月なので
来年以降はまた色々な映画祭で上映される事と思います。
また諸々余裕があればね、是非伺わせて戴きたく思ってます。



そして、ぴあフィルムフェスティバルの名古屋での開催が
始まっている模様です。

11月17日(日)の14時からの3本目
(大トリの「夜とケイゴカー」の1っこ前というなかなか粋なところです)
愛知芸術文化センターにて上映です。

お近くにお住まいの皆様、是非とも宜しくお願い致します。

このあと、京都、神戸、福岡と回る模様です。

あとはまた、東京で凱旋上映の機会があればいいなあ〜


まだまだ息の長い作品である事と願って。














2013年10月30日水曜日






釜山のおもひで 〜2〜


西面市場






































































































西面にある教会

ジャガルチ

ジャガルチにある釜山国際映画祭広場にて
上は世界のキタノ
下はアッバス・キアロスタミ
テオ・アンゲロプロス
よく見えないのですが、今村昌平氏
ヴィム・ベンダース
アンナ・カリーナちゃん

我らが鈴木清順氏
少し離れたとこのジャガルチ市場






























屋台がいっぱい
韓国の人は大体チャミスルしか呑んでいない










3へつづく




2013年10月25日金曜日




釜山のおもひで 〜1〜























誰がなんと言おうと、成田空港





















着いたらまさに台風でした












































中央洞の地下街を探索しても、台風の影響かお店が大体閉まってる。

























ホテルからの景色











































警察署

























大通りから入ると大体こんないい具合

























地下鉄














































電車の中で普通に物売りがいました。
(カート引いてる人)






















メイン会場
























































参加監督の写真









































つづく